FC2ブログ

疋田整骨院トピックス

栃木県下都賀郡壬生町にある疋田整骨院のブログです。

Entries

熟考に熟考を・・・(社)栃木県柔道整復師会役員選挙に関して思う事!

・・・日本列島は3月に東日本大震災に襲われ、30メートルを超す大津波も合わせて到来、地震と津波の大損害を受け、官民ともに国家をあげて復興作業に全力で邁進しているさなか(社)栃木県柔道整復師会にも突然役員選挙という余震が襲ってきました。

今年は任期満了に伴う役員改選期ですが、今回はどうやら役員選挙になる可能性が強くなってきました。選挙は民主主義の主たる属性で、(社)栃柔整の会員であれば誰でも立候補する権利を有していますので、選挙自体については何ら異議を唱えるものではありません。がしかし、我々の生活に直結する問題を全面的に任せる代表を選出する大事な選挙ですので少々長くなって恐縮ですが、焦点について私見を交えて考えてみました。特に若い会員の先生方には投票の選択をする材料にしていただければ幸いです。


いつの時代でも、順調に会を運営しているにもかかわらずその評価とは別に変化を求める人が現れるのは当然といえますが、その求める変化の根源が単に権力欲と閥重視の私物化にあってはならないのです。そうであれば、かつて我々が一番拒んだ古い体質の柔道整復師会の再来となることも十分考えられ、そのような事があれば(社)柔道整復師会の将来はありません。

新しく会長職に就こうとする方には少なくとも約400名の会員の生活を優位に進める力がなければ我々会員は支持をする意味がありません。会や会員を協力に牽引するには、民間、行政も含めて相当の人脈と社会的信用があり、合わせて大きな懐を持ち合わせている人材である事が必修条件です。そして会長をはじめ会務を執行する役員の皆さんは我々の生活そのものと生活圏を護ってくれる執行部でなければ真の執行部とは言えません。

その点、現宇井会長は柔道整復師の永続的な繁栄を願い、会長就任以来、社会的信用の獲得や地位の確保に知恵を絞り奔走し、現在の柔道整復師の地位確立に多大な貢献をされてきました。今後も我々の期待に大いに応えてくれる事と思います。

一部の会員から説明責任を問われているのが人事や土地取得に関する件のようです。
人事についてはまず柔道整復師の職業を一般社会に対し如何に浸透し理解をしていただくか、遅れている柔道整復師の社会認知を早々に取り戻すことがまず大きな課題です。

その手法としてまずはマスメディアとの友好かつ密接な関係を構築する能力を持ち合わせる人物か否かが要求されますが、今回就任した事務長氏は以前奉職していた会社で渉外経験も豊富で、内外ともに高い評価を得ている人物と聞いており、就任以来のPR活動をみても積極的に動いて早々に結果を出してくれています。これはかつての天下り事務長では発想もフットワークも期待できなかった事を我が会に提供してくれていると評価します。

土地の取得についても、公益法人の認可を取るためにどのような方法が会として最良の方法なのかを高度決断を迫られた時に、やむを得ず当初の説明と違った方法を選択せざるを得ないときもありますが、これも会員の為にベストな状況判断をする為の副産物と捉えるべきでしょう。
人事や土地の取得に関して会長が特別な恩恵を受けたり、会の不利益になるような事が派生するのであれば厳しく糾弾されるべきでしょうが、そのようなことは永いお付き合いをさせていただいている一人として一切ない人物である事は断言できます。

若い会員の先生方は会長や役員が誰であれ自分の生活が守られれば結果的に良しとされる方が多いと思います。その考え自体は決して否定しませんが、それには現会長が率いる執行部を引き続き支持していただく事が将来に向けて(社)栃木県柔道整復師会及び柔道整復師の安寧を期待できる唯一の選択肢である事と思います。

今後の柔道整復師会を担う若い先生方には今回の役員選挙に関して特に良く考え、熟考に熟考を重ねていただき、冷静な目でどの選択が最良なのかを判断していただきたいと思います。すべてが自分たちの生活に跳ね返ってくる事なのです。




スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

疋田 拓也

Author:疋田 拓也
疋田整骨院の様子や日々の出来事をスタッフが個々に紹介します。

最近の記事

月別アーカイブ